裏ビデオ

「ゲットー」という言葉はユダヤ人が強制的に住居させられていた地区の名称で、現代では貧困層が集まる街の事を示す言葉としても使われることがあり、その生活をリアルに反映した歌は人々の心に響く名曲として残されているものが多く存在している。
ボブマーリーはジャマイカの貧しい環境で育ったアーティストでありその生活状況やこの現状を歌で変えようとする姿勢が人々の心に届き政治問題ですらもボブの歌で和解させてしまうほどの影響力を持った偉大なアーティストであり無くなってから25年以上たった今でも多くの人に聞かれ続けているのだ。